新着情報

「時代の最先端」を取り入れ、生徒一人ひとりに寄り添った指導をします。”

説明会や講習会などのお知らせのほか、緊急のお知らせなども掲載いたします。

【32名】宗像中学校合格おめでとう!

合格体験記

前山涼紀さん

私は、勉強が昔から得意な方だったので、低学年の時から宗像中学校に行きたいと思っていました。小学5年生になってから、本格的に受検を考えるようになり、石松塾に出会いました。石松塾は、他の塾よりも合格率が高く、宗像中学校を受検する人に沿った学習ができるため、体験に行ってみると、先生方の教え方も上手で楽しく学習ができたので、ここにしようと決めました。

5年生のときは、毎週水曜日の週1で、国語コースに通い、同じ文を言いかえられるようになったり、対義語を学び、物を対比する力を身につけたりすることができました。また、接続語について学び、色々な場面での、接続語の使い方がわかるようになるなど、基礎を固めていきました。

6年生では、国・算・理・社の4教科に増え、宿題の量も急激に増えたので、大変でしたが、家庭学習が習慣づいたので、とても良かったと思っています。作文を取り組む機会が増え、はじめは苦手で、ちょっとしたミスが出ていましたが、毎回書く度に先生からメッセージをいただけるので、注意されたところを意識して取り組むようにしていると、いつのまにか、作文を書くのが得意になっていました。また、段々、書きあげるスピードが速くなりました。面接練習もあり、質問に対して、より良い回答の仕方を学ぶことができて、とても面接時に活かせるものを多く教えていただくことができました。そのおかげで、練習では、A判定をいただけるようになり、本番への自信につながりました。私は、少しでもたくさん勉強をして、周りと差をつけるために、毎日早めにねて、朝5時に起きて、7時までの2時間を使って勉強をしました。きつくて、いやになることもありましたが、石松塾で出会った友人と「いっしょに合格しようね」と約束し、お守りをわたし合ったことを思い出し、常に日ごろのモチベーションにしていました。そうして、受検日当日、友人からもらったお守りとメッセージと共に宗像中学校に向かいました。石松塾のみんなと会場へ行けて、とても心強かったです。

入試問題も面接の質問も、先生方が予想し、対策を取っていたものや、模試で出た問題に似ているものばかりだったので、思っていたよりも簡単でした。そうして、合格発表で、自分と友人が合格したことを知り、とてもうれしくてしばらくなみだが止まりませんでした。

友人や先生、家族と共に合格をよろこびました。

自分の努力はもちろんのこと、石松塾での学習のおかげで合格することができたと思っています。本当にありがとうございました。

田坂純平くん

私は、4年生のころに速読を学びに石松塾に入りました。速読をやり始めると文章を読む速度が速くなり、勉強に役立ちました。

5年生になると、授業も本格的に始まり、模試も始まりました。授業も難しくなり、授業時間も長くなりました。しかし、勉強をしていく中で、少しずつ良い結果がついてきました。

そして、6年生になると、模試の後のクラス分けや面接特訓も始まりました。宿題も増えて、終わらせるのに時間がかかることが増えました。そこで、先生に銀本をすすめられて取り組みました。銀本は、受検する1年前の全国の問題がのっています。それに取り組むことで、受検の問題の出題形式や答え方などが分かるようになりました。受検1ヶ月前から、感染症対策で塾に行く時は、なるべく、車で行くようにしました。 あとは、アインストーンの復習もしました。

S.Nくん

石松塾に入れたことで、本番への対策ができ、あまりきんちょうせずに試験にのぞむことができた。
面接特訓をしたことによって、面接での返答をしっかりと決められた。
塾の先生方の問題の予想をみて、そこを中心に勉強していると、見事的中していて、余裕を持って試験をすることができた。
塾で友達をたくさんつくることができたので、一緒に合格したいという思いから、モチベーションを上げられた。

S.Hさん

2024年度宗像中学校合格, SHさん

私は、昔から勉強が好きで、宗像中学校を受検しようと思ったのも、それがきっかけでした。受検をするために、塾に入ろうと思い、色々な塾を探しました。その中で、一番合格率が高く、宗像中学校に合っていると思ったのが、石松塾でした。最初、体験に行ってみると、とても分かりやすく、優しく教えてくれて、他の塾よりも楽しく勉強ができました。5年生では、主にテキストを使った勉強で、たまに国語で作文がでる位でした。しかし、6年生になると、ほぼ毎回のように、作文がでて、宿題の量も増えました。また、受検前2週間は、毎日塾に通っていました。そのため、つかれたり、少しいやになったりすることもありましたが、塾に行くと、優しい先生方や、友達がいて、自然と勉強がはかどりました。私の年代は、石松塾の6年生の約50人のうち、32人が合格しました。そして、その中には、知っている人が大勢いて、知っている人、たくさんと宗像中学校に行くことができます。

また、宗像中学校の受検では、面接があるため、石松塾でも面接の練習を行っていました。実際に、初めて出会う人との面接模試もあり、本番のような体験をすることができました。面接が終わると、アドバイスの時間があり、どこをどうすればよいのかを具体的に教えてくれたり、例をあげて、分かりやすく教えてくれたりしました。そのため、すぐに上達し、A判定をもらえることが増えるようになりました。また週4回のペースである、習い事のバレーボールとの両立もできました。一時期、両立について、とてもなやんでいた時、先生が相談にのってくださって、アドバイスをしてくださいました。

そして、今回、無事、宗像中学校に合格することができました。本当にありがとうございました。

H.Fくん

2024年度宗像中学校合格, HFくん

ぼくは、5年生から石松塾に通っていました。最初の一年間は受検はまだ遠いものだと思っており、塾や学校の宿題以外では30分ほどしか勉強していませんでした。

しかし、小学6年生の夏休み前に、Bクラスに落ちました。その時に自分の勉強の足りなさに気付きました。そこから夏休みは毎日7時間、平日は2時間勉強するようにしました。

ぼくは、遊ぶ時間をけずって、勉強に充てましたが、睡眠時間をけずることはせず、21時に寝て、6時30分に起床していました。睡眠はとても大切だったように思います。夏休み明けにはAクラスに戻ることができ、それを最後までキープできました。

積み重ねた努力が実って本当に良かったです。

ここからは保護者様の声を順不同でご紹介します!

保護者様

公立中高一貫校の適性検査が、思考力、社会への関心などを必要とすることから、問題に取り組むこと自体学びになると思い、石松塾の魅力的な先生方に預けることにしました。
文章を読み、理解し、能動的に解いていくことは、学校のテストとは違う難しさや面白さがあったようで、その先に”宗像中合格”という明確な目標が決まったようでした。
また、塾で出会った友達もいい刺激になったようで、入学後も仲間と共に切磋琢磨しながら6年間頑張れそうだと思っています。

保護者様

受検するにあたって、実は色々な塾に見学、体験に行きました。その中で圧倒的に雰囲気が良かったのが石松塾でした。具体的には、塾内に入ると、スタッフや先生方が笑顔で挨拶して下さる。他の塾では挨拶もないことがありました。実際に入塾してからも、息子は1回も辞めたいと言ったことはありません。学校よりも塾の授業の方が断然楽しいといつも言っておりました。気の合う友人にも恵まれ、本当に有意義な2年間でした。ありがとうございました。石松最高です☆

宗中受検コースのご希望はこちらから!

宗中受検コース「新小6年生・新小5年生 2月スタートクラス」は満席です。
4月スタートクラスのご案内を開始します。

▶︎ お問い合わせ